お役立ちコラム
愛犬・愛猫の健康維持に役立つ情報をお届けします

【アンチノール 獣医師口コミ】ひがしやま動物病院 東山先生|猫の関節炎

2018年11月20日

獣医師がアンチノール®を使用して感じた愛犬の変化とは?
東京都のキャットフレンドリークリニック ひがしやま動物病院、東山哲先生にお話を伺いました。

ペットの情報
名前:ひばりちゃん
猫種:MIX
性別:メス
年齢:15歳

東山先生のお話(以下の内容はインタビューを文章にしたものです)

アンチノールをご使用になった子の、当時の状況や経緯を教えてください
えー、ひばりちゃん、15歳で女の子になりますね。
ひどい関節炎があると。患者様にもう一度お話を伺ってみますと、どうもやっぱり、歩く様子だとか…そういうのが少しずつ(悪い状態と見られる)変化が出てきていると…
まぁ、猫の関節炎特有の、新しい症状が始まるわけじゃないんだけど‘‘今まで通りのことをしなくなってしまった“と、そういうことがあったので…
関節炎の治療も一緒にやりましょうか」ということで、(治療のサポートに)サプリメントをお勧めしたところです。はい。

アンチノールを実際にご使用になってみて、いかがでしたか?
「良い状態が維持できている」と、飼い主さんも仰っていました。

ひばりちゃんの飼い主様
ちょったした低いソファなんだけど、降りづらそうにしていたから、家族の誰かしらが抱えて降ろさなきゃいけないような感じだったのが、もう自分一人で(ソファーに)上がって、自分のペースでね、上がったり下りたりしているから(嬉しい)

「調子いいです!」というのが消炎鎮痛剤を止めてアンチノールだけにしてみても上手く、(良い状態を保ったままで)いけていると。
最初は元気・食欲も無かった子なんですけれども、それ以来、ずっと良い状態が維持できているので、そういう…ひょっとしたら、関節以外のところにもね、何か良い効果が出ているのかもしれないなと思っています。

愛猫にこんな変化が見られたら要注意‼
爪とぎが減って、爪が大きくなった
高い場所への上り下り時に声を出したり迷うようになった
以前よりも怒りっぽくなった

【まとめ】
東山先生のお話はいかがでしたか?
ひばりちゃんに起こった嬉しい変化を、東山先生や飼い主様も嬉しそうにお話されていましたね!
アンチノール使用後は、ひばりちゃん自身も元気を実感し、素敵なシニアライフを過ごされているようです。

皆様の愛猫は、活動的に日常生活を送ることが出来ていますか?あなたの愛猫があまり動かないのは、痛みを感じているからかもしれません。
『シニアだからしょうがない…』と諦めずに、愛猫が今感じている痛みや不調を緩和し、豊かなシニアライフを満喫できるよう工夫してみてくださいね。

今年、アンチノール使用経験のある獣医師718名を対象にアンケート調査が行われ、「87,9%の獣医師がご自身の愛犬愛猫に使用したいサプリメント」としてアンチノールが評価されました。
詳細は獣医師レビューサイトVet’s Eyeへ≫
獣医師目線のアンチノールの口コミが多数掲載されていますので、是非一度ご覧ください。

*当記事の掲載内容は個人の感想です。アンチノールの効果を保証するものではありません。
アンチノールは犬猫用サプリメントで、薬ではありません。

*愛犬・愛猫についてご不安な点がありましたら、必ずかかりつけの獣医師までご相談ください。
  • 初めて動物病院コードを登録される方

    ※既に動物病院コードを登録済みの場合、下のボタンからログインしてください。

  • 「ぼくたちのありがとう」プロジェクト
  • 動画で知ろうアンチノール。アンチノールの力を動画でご紹介します。ぜひごらんください。